プロフィール  
紹介

名  前

柴田 宋休(しばた そうきゅう)
顔写真
生年月日 1949年(昭和24年)2月20日
出 身 地 茨城県笠間市
現 住 所 栃木県芳賀郡益子町上大羽1196−1(〒321-4212)
現  職 詩画作家、陶芸家、僧侶(浄土宗)
研究テーマ 自然体で生きる
人生において大切なことは何か
今日を生きる



略歴
1949年 茨城県笠間に生まれる

『それでも やっぱり
   がんばらない』





『パパは          
 マイナス50点』





『ちょい太で、
 だいじょうぶ』
  
1968年 陶芸の道を志し、松井康成氏(人間国宝)に師事 (11年間)
1975年 「四国八十八ヶ所」を徒歩で托鉢
1977年 浄土宗律師となる
1980年 「西国三十三ヶ所」を托鉢
独立し笠間市大橋に少名窯(すくながま)を開く
1982年
 〜89年
社会福祉法人「愛の里更生園」の非常勤職員となる
1985年 佛教大学通信教育部仏教学科を卒業
日本伝統工芸展に初入選
1986年 水害のため、栃木県益子町の古民家に転居
1990年 「練上みがき花器」で栃木県芸術祭賞受賞
1991年 栃木県芸術祭準芸術祭賞受賞
1992年 国際陶磁器展美濃 '92に入選
日本工芸会正会員となる
1998年 日本工芸会を退会し、無所属となる
2000年 風濤社より第一作目の詩画集『あるがままに』が出版される
鎌田實著『がんばらない』(集英社)の題字と挿画をかく
2003年 鎌田實著『あきらめない』(集英社)の題字をかく
東邦つぼ整体学院を修了し、ツボ・整体療法士認定
2005年 第二作目の詩画集『であえてよかった』が出版される
鎌田實著『それでも やっぱり がんばらない』(集英社)の題字をかく
ホームページ『柴田宋休インターネットギャラリー』が開設される

詩画集『あるがままに』復刻版が電子出版される
小山明子(大島渚監督の奥様)著『パパはマイナス50点』(集英社)の題字をかく
2006年 第三作目の詩画集『すべてがチャンス』(下野新聞社)が出版される
茨城県立つくば養護学校の陶壁を制作する
鎌田實著『ちょい太で、だいじょうぶ』(集英社)の題字をかく
2007年 40年ぶりに山登りを始める
ブログ「遅咲き宋休記」(現「わくわく宋休記」)を書き始める
  2010年  デイサービス「はる風」の看板・パンフレットの題字と挿画をかく。
  2011年  東日本大震災を機に、第四作目の詩画集『だいじょうぶ うまくいく』を出版
  2012年
  
11/29のNHK総合テレビ「ゆうどきネットワーク」の番組の中で、特集「生きるヒントを届ける書 〜陶芸家・柴田宋休さん〜」が放映される
  2013年 第五作目の詩画集『できることから やればいい』(仁パブリッシング)が出版される
  2014年 栃木放送(ラジオ)「土曜ちゃっかり亭」で放送される 
  2015年 憧れのジャンダルムに登る
登山準備の体力づくりにサイクリングを始める 
  2016年  ブログ名を「遅咲き宋休記」から「わくわく宋休記」へ替える
  2017年 第六作目の詩画集『行動できるのは 生きているうち』が出版される
       
(2017年現在)
  各地にて 「命」 をテーマに講演活動中  



Massege
 42歳の頃、それまでの無理な生き方の結果、体の不調や人間関係の諸問題が生じ、二進も三進もいかない状態になり悩み苦しみました。更に末期がんになった知人からの相談もあり、僧侶としての在り方を問われることになったのです。
 これをきっかけに、念仏行を通して生きる根本を見つめ直す作業が続きました。その結果、表面的な事象を越えた世界を深く実感し、以前とは異なった新しい視点に立ち、人生を体験するようになりました。
 文章を書くことが大の苦手だったのですが、その頃からふと気付いたことを短文にまとめていたものが、詩画作品集として出版され、人前で話す機会にも恵まれるようになりました。また個展では陶芸作品と共に、詩画作品を通して精神的なメッセージを発表しています。
 どうしたら無理なく自然体で生きることができるか、日々の生活を通して探求しています。

柴田 宋休

   戻る